タイトル:気になる鼻の穴のニキビは触らないで!やってはいけない3つのこと。
鼻の表面にはニキビができやすいですが、実は鼻の穴にもニキビはできます。できたことのある方はご存知だと思いますが、結構厄介なシロモノです。

鼻毛で覆われてガードされてはいますが、鼻血がでるようにちょっとの刺激で傷つくこともありますし、鼻の穴のニキビは治療もしにくく治りにくいので再発することもしばしばです。
鼻の穴の中は鼻毛が多く、自分で目視しにくいので、ただのニキビではなくて別の病気である可能性もあります。ここでは鼻の穴のニキビやできものについてご紹介していきます。

鼻の穴にニキビができる原因=ニキビのためにやってはいけないこと

ニキビは毛穴にアクネ菌が入って繁殖することによってできるものです。これは鼻の穴のニキビでも同じことです。ですが鼻の穴にできるニキビは別の原因もあります。その原因を避けることで鼻の穴にニキビができるのを防ぐことができます。その原因、つまりやってはいけないことは3つあります。

1.鼻毛を抜くこと

鼻毛はちょっと出ているだけで気になりますよね。出ているので爪や毛抜きで挟んで抜くという人が多いと思います。これがニキビの原因の一つになります。
鼻毛を抜くと痛いですが、その周りの皮膚もひっぱられてダメージを受けます。そして鼻の穴の中は粘膜ですから普通の皮膚よりもダメージを受けやすいのです。ダメージを受けた毛穴に雑菌が入ることでニキビができてしまいます。
これを避けるためには鼻毛カッターや、先の丸くなった鼻毛切り用のハサミを使うことで解決します。

2.鼻をほじること

鼻くそがたまった時だけでなく、つい指で鼻をほじってしまうクセはありませんか。あちこち触った手や爪は意外と雑菌がついています。普段よく触れるスマホやパソコンのキーボードはトイレの便座並みに雑菌がついていると言われており、それを触った手で鼻をほじるということは鼻の穴に雑菌を擦り込んでいるようなものです。
鼻の穴をほじるのは傍で見ていて気持ちのいいものではないので、できるだけ止めるようにすることをおすすめします。ほじりたいときはティッシュや綿棒を使えば清潔です。

3.鼻をかみすぎること

鼻風邪の時、またアレルギー性鼻炎や花粉症の方はどうしても鼻をかまないわけにはいきません。しかし鼻をかみすぎることで粘膜が荒れてしまい、炎症を起こしてしまいます。そして炎症を起こした粘膜に雑菌が入ってニキビができやすくなります。指や爪の雑菌だけでなく、鼻水にも雑菌が含まれているからです。
鼻の穴のニキビは敏感で、ちょっとしたことで痛みを感じることもありますので、なかなか治らないようであれば耳鼻科を受診しましょう。鼻炎の症状を抑えることがニキビの改善につながります。

鼻の穴にニキビができてしまったらどうすればいいか

いじらずに様子を見ましょう

鼻の穴にニキビができた時は基本的には何もしないことです。普通のニキビであれば時間が経てば治ります。顔のニキビと違いますので、潰さないようにしましょう。

マスクをして乾燥を防ぐ

マスクをすることで外気に対してフィルターがかかることになりますので、鼻の穴の乾燥を防いでくれます。

自己判断で軟膏などを塗らないこと

鼻の穴のニキビにはペアアクネやオロナインなどのニキビ用の塗り薬を塗るのはお勧めできません。何故かというと、そういった市販の塗り薬は皮膚に塗ることを前提としており、鼻の穴のような粘膜に塗ることを想定していないからです。
また塗ることで刺激を与えてしまうことになりますので、何も塗らずにそっとしておきましょう。

栄養管理をきちんとしておく

栄養の偏りが原因で鼻の穴にニキビができることがあります。肉類や油の多いもの、甘いものを控えたいのは普通のニキビと同じですが、ビタミンBやビタミンCを意識して採るようにしましょう。日常生活でのバランスのとれた食生活がニキビを防止するコツです。

そのできものはニキビじゃないかも!ニキビ以外のできもの

鼻の穴にニキビがなかなか治らない場合は別の病気の可能性もあります。おもに次のふたつがニキビと間違えやすい症状です。

1.面疔(めんちょう)

ニキビはアクネ菌によってできますが、面疔は黄色ブドウ球菌が粘膜にできた傷から感染して炎症をおこすことによってできるものです。鼻癤(びせつ)・毛包炎(毛嚢炎)の一種、と呼ばれる場合もあります。

2.鼻茸(はなたけ)

鼻茸は鼻の中にできたポリープのことを指します。アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎の方によく見られる症状です。鼻の穴の中にできものができやすい人はニキビではなく、鼻茸である可能性があります。

まとめ

鼻の穴って無意識にほじってしまいがちですが、粘膜ですから敏感な部位です。鼻毛を抜いたり鼻の掃除のように何気ないことがニキビやできものの原因になることがあります。
ニキビができても基本的には何もいじらず、痛みが続いたりなかなか治らない場合は耳鼻科での受診をおすすめします。