炎症の大きいニキビは色素沈着する可能性があります

炎症の大きいニキビはニキビ跡が色素沈着することもあります。炎症が大きい場合には赤く腫れていたい場合や炎症がされに進んで中に膿が溜まって白色や黄色になり化膿した状態になる場合があります。
これらの状態は炎症が大きく肌へのダメージが大きい状態で、肌を守るためにメラニンが分泌されます。通常であれば肌のターンオーバーによって肌の外に排出されるのですが、分泌量が多かったり、真皮などでダメージを受けて深い部分にメラニンが生成されると肌内部に残り茶色のシミのように残ってしまうのです。

ニキビ跡の色素沈着2タイプについて

ニキビ跡の色素沈着には茶色い色素沈着と赤黒い色素沈着がありあす。

茶色い色素沈着

にきび跡が茶色い色素沈着として残った場合はニキビが炎症する時に発生する活性酸素が原因で、活性酸素には物質同士をくっつける作用があり、ニキビができる段階で皮脂と酸素をくっつけて酸化させて過酸化脂質を作り炎症を引き起こします。肌は炎症を起こすと炎症を防ぐために活性酸素が増えて皮膚を守るために大量のメラニン色素が生成されてしまいます。炎症したニキビを放置すると茶色のにきび跡が残りやすくなるのです。

赤黒い色素沈着

赤黒い色素沈着は、血液中の赤血球に含まれるヘモグロビンの影響による色素沈着です。ニキビができて炎症や可能することで真皮の毛細血管が破裂し出血が起こり、真皮に血液中のヘモグロビンの色素タンパク質が沈着することでシミが赤黒くなってしまいます。ヘモグロビンはヘムに存在している鉄は酸素と血堂して赤色になり、酸素を離すことで紫色になります。色素沈着した初めは紫色をしていますが、時間が経つと赤黒い糸になり肌に残ります。

色素沈着を予防するためには?

色素沈着したニキビ跡になる前に予防することでニキビができた後でもキレイな肌になることができます。ニキビができてしまうのは生活習慣や食生活など忙しい毎日を送っているとできてしまうこともありますが、ニキビはできてもニキビ跡の色素沈着は残したくないものです。

ニキビ跡の色素沈着をしないようにするためには、ニキビを作らないことですが、できてしまった場合にはできるだけニキビを炎症させないことも大切なことです。
ニキビができてしまったら、できる限り刺激をしないようにします。ニキビができてしまうと気になるもので、ついつい触ってしまったり、ニキビの周辺を強く擦ったり、ニキビ跡を消そうとして強く洗顔するなどは避けます。

ニキビやニキビ跡は刺激することで良い影響はひとつもありません。ニキビの治りを悪くするだけではなく、ニキビ跡が残ったり、さらに赤黒い色や茶色などの色素沈着として肌に残ってしまう可能性が高くなってしまいます。

色素沈着が酷い場合は専門クリニックへ

ニキビケアをしても治らずに酷くなり、色素沈着も酷くなってしまった場合には、自己流で市販のニキビ治療薬や色素沈着を改善する塗り薬などを使うよりも早めに専門クリニックを受診することが色素沈着を悪化させない方法です。

皮膚科などの医療機関では症状に合わせて治療することが可能で、凹凸のあるニキビ跡にはコラーゲンを促す治療としてピーリングやコラーゲン注入などを行なうことで改善することができます。色素沈着になったニキビ跡には色味を薄くしていく治療や、病院で処方する美白剤などで治療することができます。

また、特殊な光を症状に応じてパワーを設定してメラニン色素の細胞のみに反応させる光・高周波治療や、肌に小さな点をレーザー照射して穴をあけることで皮膚へのダメージを極力抑えながら真皮層のコラーゲンを増やすことでニキビ跡を内側から盛り上げて改善するレーザー治療などもあります。
病院によって治療方法は色々選ぶことができるため、ニキビは酷くなる前に早めにクリニックで治療することが大切なことです。