ニキビ跡にはさまざまな種類があります。それはダメージの状態や形状によって特徴があります。

ニキビ跡へのベルブランの効果はとても重要なものがあります。スキンケア成分をしっかりと浸透させて肌を正常に導いてくれます。

ニキビ跡の種類と特徴について

ニキビ跡にはダメージの状態や形状によって特徴があります。それぞれ改善法が違い、ニキビ跡治療では、自分のニキビ跡がどの状態であるかを知ることが大切です。

また、ニキビ跡の状態を把握できたら、どのような改善法があるのかを知っておきましょう。

ニキビ跡の種類

1) 赤み(ヘモグロビン)

皮脂の分泌の亢進による皮脂の貯留

細菌感染を起こす

リパーゼが作用して毛包壁を破壊

アクネ菌が血管を拡張させ、炎症を起こす

起きた炎症のダメージが肌に赤みとなりニキビ跡を残す

患部に炎症が起きることで、傷を治すための毛細血管がつくられます、血液のヘモグロビンが強くなり、表面から透けてみえます。

2) 茶色い色素沈着(メラニン)

茶色いくすみやシミとなるニキビ跡はメラニンが原因です。ニキビの炎症で肌のダメージから、表皮の基底層に存在するメラノサイトが活性化します。

メラノサイトが活性化してメラニンが大量に生成され、真皮層まで達するとなかなか消えない色素沈着になります。

3) クレーター

クレーターがニキビ跡として残るのは、通常重い炎症のニキビの場合です。アクネ菌は周辺組織を壊しながら、増殖していきます。

炎症を広げないためにも、白血球が皮膚細胞を壊すことで食い止めています。これは真皮で起こることで、均一な肌の再生が難しくなります。

クレーターは強いダメージを受けた部分が瘢痕、いわゆるクレーターになり残ります。

クレーターは形状により、いくつかの種類に分けられています。

・アイスピックタイプ

アイスピックで突き刺したような先細りのクレーター、開口部は2㎜程度ですが、真皮よりも深部に達しています。

・ローリングタイプ

ニキビ跡の開口部が4mm以上あって、皿のように緩やかな陥没が見られます。

・ボックスタイプ

円形状のニキビ跡の底が平にくぼみ、クレーターの深さも浅いものから深いものまでさまざまあります。

4) しこり

しこりは、堅くもりあがるだけで、痛みやかゆみはありません。赤みを帯びたり、白っぽくなり目立つことがあります。顎のラインにできるのも多い特徴です。

原因は、重度の化膿や炎症が同じ場所で繰り返されることで、真皮にまでおよぶと肌の再生機能が乱されることです。

過剰にコラーゲン線維が生成され、それが硬化されてしこりになることがあります。

ニキビ跡にしこりのできやすい場所は、フェイスラインや下あご、背中でそれ以外にもできます。

一種の瘢痕の場合や難治性のケロイドも、しこりになってしまうことで化粧品による改善、自然治癒などは期待できないようになります。

ただし、しこり改善のためのセルフケアがあり毎日行うことが大切になります。

・新しいニキビをつくらないようにする

すでにしこりがあるところに、ニキビができてしまうことで、新しいしこりをつくる可能性があります。生理前にニキビができやすいのであれば、皮膚科できちんとお薬をもらうことです。

・刺激を与えないようにする

しこりがまだ赤い段階にはその部分をこすったり、潰したりすると炎症が起きやすくて、硬くなり盛り上がったりします。
フェイスラインは無意識に触ってしまわないように気をつけなくてはいけません。

また、汗をかかないようにすることが大切でアトピーのはだの人はとくに注意が必要です。

・やたらとピーリング剤を使わない

ピーリング剤でも使いすぎるとかえって乾燥する場合があります。かゆみが出たり、悪化する場合があります。

・肌の再生のためにも必要な栄養素を摂る

常にバランスのよい食事をすることが大切です。ターンオーバーを考えた食生活、炭水化物や糖質、脂質を摂り過ぎないなどストレスに対する抵抗力もつけるようにします。

5)ケロイド

ケロイド状態のニキビ跡はやけど跡のように光沢を帯びています。体質によってはニキビ跡が赤く盛り上がることがあります。

原因はしこりと同じで、深部にまで達したダメージで、肌の再生機能が乱されて過剰に細胞が生成されるためです。

ケロイドには、真性のものと、肥厚性瘢痕の2種類があります。

・真性のケロイド

真性のケロイドは、おもに遺伝的な要素によるものが大きく、気がつかないほどの小さな傷からなる場合もあります。進行はゆるやかでも、徐々に傷の範囲を超えて拡大し、赤みも強く痛みやかゆみを伴います。

・肥厚性のケロイド

ケロイドの多くは肥厚性瘢痕で、これは肌を再生するための組織が過剰に生成されて盛り上がるものです。ケロイドの大きさは傷の範囲にとどまります。

ケロイド状になったニキビ跡を自分でケアするのは難しく、でるだけ早く皮膚科で治療を受けることがおすすめです。

皮膚科では内服薬や塗り薬、被覆剤、圧迫療法、ステロイドの注射、レーザー照射、外科手術などで治療していきます。

ニキビ跡へのベルブランの効果

ニキビ跡ができやすい環境は肌の乾燥が原因です。肌が乾燥することで、肌を保護する皮脂のバランスは乱れてしまいます。皮脂が過剰に分泌されたり、反対に皮脂が不足したりします。

また、洗浄力の高い洗顔料を使うことも原因となります。皮脂が失われることで、肌には角質が溜まってきます。

刺激の強いケア製品を使うと肌が敏感になることもあります。ニキビに悩む人は、いろいろなスキンケアを使ってみることも多く、肌への刺激が少ないものを選ぶことが大切です。

ニキビが治ったあとの肌のケアには、ベルブランがとてもおすすめです。ケアは徹底的にスキンケア成分を浸透させることです。また、美白にこだわりベルブランなど美容液でニキビやニキビ跡をケアするようにします。

ベルブランの成分とは?

ベルブランの成分は、「油溶性カンゾウエキス」といってカンゾウの根から抽出してあります。グリチルレチン酸には強い抗ヒスタミン・抗アレルギー作用があって、炎症を抑えたり、かゆみを取り除く効果があります。

・トラネキサム酸

アミノ酸の1種でメラニンの抑制をします。色素沈着を防ぐ作用、炎症を抑える作用があります。肌荒れ、シミ、そばかすを改善、予防する効果があります。

・アルピニアカツマダイ種子エキス

メラニン生成抑制に働く、PLD1シグナルを活性化します。

・カミツレ花エキス

精油成分には保湿や抗炎症、抗菌、抗真菌性、炎症、抗アレルギー作用、しみやそばかすの色素沈着を抑えます。

ほかにもシリバーバイン果実エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、ヒアルロン酸、スーパーヒアルロン酸、加水分解ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、スターフルーツ葉エキス、セラミドⅢ、エクトイン、テンニカ果実エキス、カンゾウ葉エキスなどの有効成分が配合されています。

ベルブランの使い方について

ベルブランには、効果的で正しい使い方があります。朝と夜、2回の使用で洗顔後にすぐにベルブランを使用することです。

洗顔後にすぐに使用することで、化粧品や美容液のエキスが浸透しやすくなってきます。洗顔後に軽く水気を拭き取ったら、2~3回程度プッシュして顔全体に広がるように塗るようにします。

ベルブランはニキビのケアにも優れていることが特徴です。ターンオーバーを促進し、保湿効果でニキビ予防に効果が高いです。

ニキビ跡になりやすいニキビの特徴は、赤くなって熱を持っている炎症性のニキビです。ニキビやニキビ跡を予防するためにも、抗炎症作用のあるベルブランが効果的です。

ベルブランはニキビやニキビ跡を正常に戻すために重要な働きをします。