ニキビ跡を隠すには正しい方法で行いましょう

ニキビの跡は、通常はお肌のターンオーバーに合わせて自然と薄くなっていきます。しかし、お肌のサイクルにはある程度の時間が必要で、その間も跡が目立たない美しいメイクをしたいものです。
ニキビの跡はメイクのテクニックで効果的に隠すことができますが、その隠す方法が間違っているとニキビの跡を悪化させる原因にもなってしまいます。できるだけお肌に負担をかけないような正しいメイク方法で、しっかりとニキビ跡を隠していきましょう。

ニキビ跡を隠すメイク用品の選び方

ニキビ跡を隠すために使用されるのは、ファンデーションやコンシーラー、化粧下地といったアイテムが一般的です。隠したい部分の状態や自分の肌質、技量に合わせて選びましょう。ニキビ跡を隠すためにと、カバー力の高いファンデを選んでしまいがちです。
しかし、カバー力が高いということはそれだけ肌への負担が大きいということも考慮しておくべきです。
特にニキビ跡のケアをしたい時には、できるだけ肌への負担が少ない処方を選ぶことがおすすめですが、厚塗りしすぎないことやメイクしている時間が長くなりすぎないことも大切です。

厚塗りになってしまわないためには、ファンデーションで無理に全てを隠すのではなく、コンシーラーを部分的に併用すると良いでしょう。ニキビ跡を隠すためにはカバー力の高いスティックタイプがおすすめです。ニキビ跡を軽くぼかすために、化粧下地にカラーコントロール効果のあるものを選ぶのも良いでしょう。少しでもぼかしておくことで、後に重ねるファンデなどの厚塗りを防ぐことができます。

赤いニキビ跡を隠すメイク方法

赤いニキビ跡は、顔全体を見ても一目でそうと分かるほど目立つものです。とにかく色味を何とかしたいところで、赤色の補色にあたるグリーン系のカラーを使います。学生さんが暗記ものなどを勉強する時にはお馴染の、赤字に緑のフィルムを重ねると赤字だけ見えなくなるという効果があります。
この効果をイメージしながら、赤みのある部分にグリーン系の化粧下地やコンシーラーを重ねて目立たなくさせるというものです。
グリーンカラーではうまく隠せないという場合は、自分のもとのお肌とニキビ跡の色味を見て、グリーンのほかにパープルやブルーの化粧下地などを試してみましょう。

また、こうしたコントロールカラーに抵抗があったり不安があったりする場合は、イエローカラーでもある程度は隠せます。比較的赤みが薄い場合はイエローカラーでも隠せますし、補色効果を利用するのではなく物理的に上から覆うという意味では効果的です。イエローカラーの場合は、下地よりもコンシーラーのほうが隠しやすいでしょう。

色素沈着したニキビ跡を隠すメイク方法

色素沈着したニキビ跡は、赤みが引いてきて茶色や黒色などの濃いトーンになっています。この場合は、カラーコントロールよりは物理的に蓋をしたり覆ったりするイメージで隠していくことが効果的です。自分のお肌よりも暗いカラーのコンシーラーを使用しましょう。
コンシーラーにはリキッドタイプからクリーム、ペンシル、スティックなど様々なタイプがあります。コンシーラーのカバー力は一般的に、テクスチャーがかたいものほどカバー効果が高いので、色素沈着が濃いのならスティックタイプがおすすめです。
自分のお肌より暗いカラーにすることで、色素沈着の部分を上からカバーします。どうしても暗いカラーが顔から浮いてしまうのなら、暗いカラーでカバーした上に自分のお肌と同じカラーを重ねると目立たなくすることが期待できます。
茶色い色素沈着なら、イエローカラーでぼかしたり目立たなくする方法もあります。また頬のニキビ跡は、ベースメイクである程度ぼかした後にチークを重ねることでよりふんわりまぎらわすことになるでしょう。