クレーターニキビ跡の種類

肌のデコボコの原因はニキビのダメージが肌に残ってしまったニキビ跡、クレーター状になってしまうとなかなかメイクでは隠せません。クレーターには範囲は狭くても根が深いアイスピックタイプ、4mm以上の広い範囲でへこみが確認できるローリングタイプ、深さはないものの穴の底辺も平らで大きいボックスタイプに分けられます。どれもニキビによる毛穴へのダメージによってできてしまうもので、それが深部に進行したか範囲を広げて進行したかによって違ってきます。

セルフケアでクレーターニキビ跡を治すのは難しいです

一度できてしまったニキビ跡はなかなか直すことが難しいと言われています。特にクレーターになってしまったものは真皮層にまでダメージが達してしまっているので、セルフケアでは効果を感じられるまでに長い期間がかかるはずです。

クレーターができやすい人というのは一つ二つではなく、顔全体に広がっているのが特徴です。ニキビができた時の対処の方法や生活習慣、肌の状態によってできる、できないが決まってきますので、ニキビができてからの習慣を見直すことがとても大事です。

ですが、すでにできてしまったものに対してはどうすることもできないのが現実です。セルフケアの方法としては肌のターンオーバーを促す習慣を心がけるのがベター。十分な睡眠と正しい食生活、運動が大事ですが、これを実践してもニキビ跡に対する目に見える効果というのは数年単位になってしまいます。もちろんスキンケアや洗顔を見直す、古い角質を除去できるホームピーリングを試すという方法もあります。

クレーターニキビ跡の治療はクリニックへ

クレーターニキビ跡は皮膚科などで治療することができます。クリニックのいいところは効果が早いという点です。セルフケアでは何年もかかるところ、クリニックなら数回の治療で目に見える効果を確認することができます。

クリニックの治療で一般的なのはレーザー治療です。様々な分野でも効果を発揮するレーザーですが、ニキビ跡に使用することで肌をふっくらさせる効果があります。一度で効果が出ない場合も多いですが、数回施術を行うことで目立たなくなってくるようです。次に古い角質を除去するケミカルピーリングがあります。

クレーターで盛り上がった部分は角質が固くなりターンオーバーが乱れている場所なので、ピーリングによって新しい皮膚を再生して滑らかな肌へと蘇らせるのが目的です。こちらも何度か続けることで効果が期待できます。他にも薬や注射など様々な方法がありますが、ニキビ跡の治療は自費治療となるので、きちんとカウンセリングを受けてから施術を行うようにしましょう。

クレーターにしないためのセルフケア

クレーターができないようにするためには、ニキビができてからの対処法以前にニキビのできにくい生活が理想的です。ニキビは睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスや生理前など原因は一つではないので、なかなか予防も難しいものです。

ですが、規則正しい生活や肌の清潔を守ると万が一出来てしまっても早く治すことができるようになります。正しい洗顔方法を始め、ニキビには絶対に触らない、髪形や寝具にも気を付けて清潔に保つことを心がけて皮膚のダメージを最小限に減らしましょう。

ニキビがクレーターになる大きな原因はニキビそのものよりも、ニキビをつぶしてしまうことや必要以上に触ること、摩擦を起こすことで皮膚と毛穴を傷つけてしまうことによるものです。ニキビの芯が出来たり、膿が見えるきちんと取り出すことで早く治ることもあります。しかし、指でつぶすのは絶対に避けて皮膚科で治療してもらうのが最善策です。早め早めのケアを心がけて滑らかな肌を目指しましょう。