ベルブランはニキビケアに効果的です

アメリカとフランスで売り上げ1位を記録したこともあるスキンケア用品「ベルブラン」は、ニキビと跡に残る染みに対する専用の美容液として作られました。
「速攻浸透」「速攻美白」「無添加」が強みであり、素早くて影響力のある効果を持ちながら、肌に優しくということが考えられています。朝夜に通常の美溶液として使用し、2日に1回コットンを使用してパックをおこないます。これを2週間続けることで最大の力を発揮してくれます。

顔ニキビと背中ニキビとの違いは?

ニキビは、顔にできるものも背中にできるものも、皮脂が生み出される皮脂腺が多い部分であることと、直接の原因が毛穴に皮脂が詰まり、炎症を起こすことによって発生するものであるという点においては共通しています。ふたつの違いは、皮膚の性質と露出です。

顔の皮膚は背中と比べて薄く、循環も比較的早いですが、紫外線などの外的刺激に晒されることが多いことがニキビの原因です。それに比べて背中というのは身体に分類され、顔が薄くて柔らかいのに比べて分厚くて丈夫です。その性質によって毛穴がリフレッシュされる回数が減り、皮脂が詰まってもすぐにはきれいにできないため、ニキビや色素沈着ができてしまいます。
つまり、顔は洗顔などのケアがしやすく循環が早い代わりに、露出が高いため外的刺激に晒されることが多いことからニキビができやすく、背中は服などで保護されてはいるものの循環期間が長いため、治りにくいニキビができる特徴を持っているということです。

ベルブランは背中ニキビにも効果的です

ベルブランは、皮膚のバリアをすり抜けて浸透する成分が含まれているので、たとえ分厚い背中の皮膚であってもおかまいなしです。
ニキビそのものに対しては、できたニキビひとつひとつを治してゆく対症療法ではなく、肌に成分を与えて、ニキビに強い肌を作ってゆくというスタイルです。

乾燥もまた肌の敵であるため、数多くのうるおい成分が含まれています。スーパーヒアルロン酸とコラーゲンによって潤いのある肌に仕上がり、肌のバリア機能を助ける効果がある成分とともに紫外線に強くなり、顔にもニキビができにくくなります。
それらの材料となる成分はシルバーバインやスターフルーツなど植物由来のものが主で、肌に刺激が少ないことを第一目標として集められていて、シリコンや界面活性剤といった肌に良くない科学的な成分は含まれていません。
ケアがしにくいことが原因のひとつである背中のニキビですが、ベルブランであれば手軽な化粧水なので、パパッと塗ることができます。

ベルブランはニキビ跡ケアにもオススメです

ベルブランの効果はニキビに対するものだけではありません。ニキビが治った後に残るニキビ跡にもしっかり作用する成分が含まれています。
肌は、刺激によってシミの素となるメラニンを生成します。その刺激にはニキビも含まれているためニキビ跡のシミができてしまうのです。それを防ぐためには、メラニンが生成されるところに素早く美白成分を届けることが肝心です。ベルブランでは、「ナノ化油溶性甘草エキス」と「トラネキサム酸」というふたつの成分が活躍してくれます。

ブースター性能を持つナノ化油溶性甘草エキスが、美容成分を引き連れながら肌のバリアを通り抜け浸透し、美白成分であるトラネキサム酸がメラニンに対処します。また、トラネキサム酸以外にも、カモミラエキスなどの様々な美容成分も同時に浸透するので、肌の奥深くで複数のアプローチからのケアが可能です。
ベルブランは、ニキビとシミ、美容という3方向に対処し、顔も背中も、場所を選ばない美溶液なのです。