気になるニキビ跡に効果的なベルブランは、使い方がポイントです。
使い方のポイントを押えるだけで、これまで以上の効果を期待できます。

洗顔、クレンジング後にベルブランを使用しましょう

1日に朝と夜の2回使うベルブランは、洗顔やクレンジング後に使うのが一番ベストなタイミングです。
洗顔やクレンジング後が最も良い理由は、ベルブランには導入効果があるからです。
美容液などを使う前に使用すると、導入効果により成分がお肌に浸透しやすくなります。
ですから、洗顔やクレンジングをして美容液などのコスメを使う前に使用するのが、最も良いタイミングというわけです。
洗顔やクレンジングをするとお肌も清潔な状態になるので、必ずベストなタイミングに使いましょう。
使用するときは、効果を高めるためにたくさん塗りたくなるかもしれません。
しかし、ベルブランは少量でもしっかりとニキビ跡に効くので、プッシュは2回から3回で構いません。
伸びの良い美容液なので、驚くほど少量でも顔全体に塗ることができます。

ベルブランの後は、必ず化粧水をつけましょう

顔全体にベルブランを塗ったら、次は化粧水を塗ってお肌の保湿をしましょう。
使用した後に化粧水を塗れば、導入効果によっていつも以上に保湿することができます。
お肌に化粧水が浸透し保湿ができたら、いつものようにメイクをしてください。

メイク時の注意点

メイクをするときの注意点としては、乳液やクリームを使わないことです。
乾燥が気になる場合などは使用しても良いですが、できれば乳液やクリームの使用は避けた方が良いでしょう。
夜にベルブランを使用するなら、おすすめの使い方はコットンパックです。
精製水を染み込ませたコットンにベルブランを少量含ませ、お肌の気になる部分に乗せましょう。
コットンパックをする時間は、3分ほどです。
お肌の上にコットンを3分ほど乗せると潤い成分が浸透するので、より効果的な使い方になります。
就寝前やお肌の状態が極端に悪いときには、ベルブランの使い方ではコットンパックが効果的なので試してみましょう。